このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 0466-46-1235
【受付時間】平日 10:00〜21:00
土曜日 10:00-17:00

読解力強化キャンペーン

読解力分析を30分、体験会に合わせて受講できます。(分析30分+体験授業90分)
学習において読解力は必須!ですが、人それぞれ特性が違うので、「文章を読むのが遅い」「記憶できない」「いくら読んでも理解できない」と言われてもその原因は様々です。
読解力強化キャンベーンでは、その子の特性に合わせた読解力分析を行い、結果&ご自宅でできるエクササイズシートをプレゼントします!その後行われる体験授業でも、分析結果に合わせたエクササイズを授業中に取り込むことが可能です。
「文章題を解くのに時間がかかる」と一言にいっても、その要因は人によって異なります。1の発達段階に応じた取り入れ(入力)がネックになっている場合は、「時間を意識する」「取り入れる情報量を適切な量に合わせる(紙で余計な情報を見えなくするなど)」など、のエクササイズが適切ですし、 4の情報を整理して保存ができているかがネックになっている場合は、「1週間後にもう一度できているか確認する」「カテゴリーごとに紐づけて保存できているかを確認する」など、提案するエクササイズが変わってきます。学習の阻害要因がわかるため、具体的なエクササイズが提案できます。そのため今までぼんやりと「記憶力が悪い・頭が悪い」と学習に対して悲観的だった生徒が「テストで驚くべき高得点が取れた!」などの体験をしています。

戦略的受験で
学校の内申点をしっかりと取り、効率的に合格を目指す

効果的な学習方法を
「暗記」「受け身の学び」→自ら「活用できる」学習方法へ切り替える

ただ単に暗記するだけの学習方法は、時間がかかる上に、必要な時に活用できず、結果的に非効率的なので、もうやめましょう。新教育指導要領に伴い、受験の出題傾向が変わりました。「知識を丸暗記」は、難関私立高校や特色検査がある公立高校の試験が解けません。初見の文章を適切に素早く読み取り、体系立てて身につけた知識と結びつけて解答する力が求められます。

例えば、シードハウスの読解力強化クラスでは、国語の教科書を使いながら、初見の文章を素早く読める力を身につけるためのエクササイズを行います。多くの生徒が「一人で学習する」ことが苦手です。それは、文章が適切に読めていないことが原因の一つでもあります。
「学校の先生が教えてくれないからできない」と言い出したら要注意です!シードハウスでは、自分一人でも初見の文章を読んで学習を進められ、自分で「どこが理解していないか」を把握でき適切に先生に質問できるスキルを身につけます。全部先生に聞いていたら時間もお金も莫大にかかってしまいますから非効率出来です。

学校の勉強を中心に
高い内申点をとって受験の可能性を広げる、自分にあった受験を選択できる

学校の勉強、塾の勉強、受験の勉強・・など勉強がばらけていませんか?これではやることが多すぎて大変です。

シードハウスでは「学校の学習」を中心に、学校で高い内申点を取ることを目指し、これに特化します。
神奈川県では、神奈川方式の内申換算として

分母135=2年次9教科+3年次9教科×2
で計算します。

県立高校の場合、当日の学力テストのほか、内申書(調査書)の点数も概ね3ー5割程度判断基準とされているため、「当日テストでいい点数を取れば大丈夫」と考えるのは危険です。
日々の学習でしっかりと内申点を上げておく必要があるわけです。

私立高校を第一志望にする場合は、単願推薦を狙います。これは内申点と出席日数で決まるところが多いです。県立高校と私立を併願する場合も、内申点が高いと、私立受験を一般(併願)を使えるため安心して県立高校の受験ができます。「部活引退したから、これから本気をだして勉強して内申点をあげよう」と思っても、いきなりテストで高得点を全て取ることは難しいため、中学1年生の頃からしっかりとした計画が必要です。

主体的に学ぶ環境を
「自分で学習を管理する」力を身につける

シードハウスの授業では最初に「何を勉強する?」と講師から質問されます。これは学習の主体はあくまで「生徒」であり、講師ではないからです。(生徒が提案した理由が納得できない場合は許可しません)
毎回聞かれるので、最初は「特にやることはないです」と言っていた生徒が、段々と「明日テストあるからテスト範囲の公式の確認をしたいな・・」などと意識が変わってきます。主体的に学んでほしいと保護者が望んでもいきなり自ら「これ勉強したい!」と言う生徒はほとんどいません。(多くの日本の教育施設は、生徒が主体的に学ぶスタイルではない為)主体的に学ぶためには「やる気」などの心理的なものではなく「主体的に学ぶ環境」を提供するのが一番早いです。

授業では、勉強だけではく、テストまでの学習計画の立て方や、受験対策を「一緒に」考えます。一緒に考えることで生徒自身に責任がうまれます。自分の学習は自分で責任を持ちましょう。また、実際計画してみて「やっぱり部活が忙しいからこのプランは無理」と学習計画の遂行が難しい場合は、時間配分を変えたり、自分の生活に合わせて修正し、継続できるようにします。

活動実績を
面接対策として「主体的に活動した実績」を3年間でたくさん作る

神奈川県立高校の入試制度は、平成25年度より「共通選抜」として一本化されます。それに伴い「面接」が含まれることになりました。面接では「中学3年間自分が何をしたかをしっかりと自分の言葉で語れるかどうか」がポイントになります。一昔前の面接では「人柄をみる」ことが主目的でしたが、今は「主体的に」どう活動してきたかを評価することが目的になっています。私立高校の面接でも同様です。そこでシードハウスでは3年間かけて学校の活動だけではなく(学校の活動は役割的にやっていることが多いので、主体的な実績は学校外の活動が評価されやすいです)、主体的に活動できるようにプロジェクトを進める「マイプロ」の授業を用意しました。「3年間で沢山の活動をしてきたので何を話したらいいのか悩んじゃう!」という状態で受験を迎えられるようにします。行きたい高校が見つからない?将来何に興味あるかわからない?今までためたマイプロのファイルにヒントが眠っています。

学校の勉強を中心に
高い内申点をとって受験の可能性を広げる、自分にあった受験を選択できる

学校の勉強、塾の勉強、受験の勉強・・など勉強がばらけていませんか?これではやることが多すぎて大変です。

シードハウスでは「学校の学習」を中心に、学校で高い内申点を取ることを目指し、これに特化します。
神奈川県では、神奈川方式の内申換算として

分母135=2年次9教科+3年次9教科×2
で計算します。

県立高校の場合、当日の学力テストのほか、内申書(調査書)の点数も概ね3ー5割程度判断基準とされているため、「当日テストでいい点数を取れば大丈夫」と考えるのは危険です。
日々の学習でしっかりと内申点を上げておく必要があるわけです。

私立高校を第一志望にする場合は、単願推薦を狙います。これは内申点と出席日数で決まるところが多いです。県立高校と私立を併願する場合も、内申点が高いと、私立受験を一般(併願)を使えるため安心して県立高校の受験ができます。「部活引退したから、これから本気をだして勉強して内申点をあげよう」と思っても、いきなりテストで高得点を全て取ることは難しいため、中学1年生の頃からしっかりとした計画が必要です。

戦略的受験は「選択」と「集中」

シードハウス代表取締役 小林コトミ
内閣府女性のチャレンジ賞「多様的な学び」受賞
APEC 2020 Best Award 日本人女性リーダー
周りからの情報に惑わされてしまい、「いろいろ試す」という選択をする人も少なくありません。それでは、コスト(お金・時間・労力)がかかりすぎます。その子の将来に合わせた(受験に合わせた)選択をすることでコストをおさえられます。例えば英語も4技能求められますが、将来どんな職業につくかによって4技能のうちどれが本当に必要かは変わってきます。受験では4技能求められるので最低限の合格ラインまで効率的に学び、残りの時間は本当に必要な技能だけを高めればいいのです。全てをやる必要はありません。本当に必要なものを「選択」し「集中」することで、結果的にコストをかけずに受験だけではなく、将来に必要な技術が身につきます。

授業内容

授業の予約はシステムで完結。
今週は英語、来週は数学!など学校の授業に合わせて取得してください。

バイリンガル講師による英会話・日本人講師による英検対策

バイリンガルの講師が担当する「英会話・英語クラス」または日本人講師による「英検対策クラス」を用意しています。
中学から本格的に始まる英語。中学1年生でつまずいてしまうとそこから数年間苦しみます。シードハウスの英語は「音読」を中心とした学習方法です。(言語系は「音」を取り扱うことが大事なので、発音、読み方を含めて指導することで、日本人が苦手なヒアリング、スピーキングに効果があります)

中学三年生で英検準2級の合格を目指します。

「理解があやふやな」分野をなくす数学・理科系

数学は、積み重ねの科目です。前年度の理解ができていない状態で、どんどん進んでしまうと、土台がグラグラした状態で上に積み重なることになるので、とても危険な状態です。交換法則・結合法則・分配法則など計算で使う公式、関数で使う公式、図形で使う公式などをそれぞれしっかりと学年の教育指導要領の到達レベルにあわせて説明ができるかを確認します。説明ができない場合は前の学年の該当分野に戻り学習をします。中学3年生の数学ができない原因は中学1年生で習うはずの文字式の理解ができていなかった!などということは頻繁に見られます。

自分の思いを「形」にするプログラミング

プログラミング言語(C#)とツールの使い方(Unity)の2つの事を学びます。Unityは3Dが得意なソフトなので、ゲームはもちろんのことそれ以外のアプリの作成も可能です。自分のオリジナルのアプリをつくり、コンテストに出すなど外部での評価を得られるような活動をします。高校の新教育指導要領では、プログラミングやデータ分析を含む「情報」が必修になります。エンジニアリングに興味がある子以外でも「自分の自己表現の一つ」としてプログラミングの取得はお勧めです。なぜこのアプリを作ったのか、その背景にはどんな課題があったのか、どういうふうにアプリで解決するようにしたのか、などを熱く語れる子は高校受験の面接の場で輝きます。

学習の基本!文章を丁寧に読んで、活用できるスキルを読解力強化クラス

こんな方にお勧めです。
・作文が苦手、記述式の問題が苦手
・長文が苦手(時間通りに問題が解けない)
・たくさん本を読んでいるのにテストで点数が取れない、思い出せない
子供の頃たくさん本を読んでいたのに・・の「読む」と中学校以降の教科書「読む」は種類が違います。
自分の知らないこと、学んでいないことを理解し、活用できるレベルに落とし込むのが、中学以降に求められる「読解力」です。このクラスでは、疎外している原因を分解し、どのプロセスが苦手かをみつけ、エクササイズを行います。

読解力が高くなれば、先生に習わなくても、自分で教科書を読んで先取り学習ができるようになります。(人生においていつでも「教えてくれる人」がいるわけではないので、早いうちから自分で学習できるようになりましょう。)

振り返り学習指導

振り返り指導では、授業で学んだことが自分一人でも問題なく進めることがどうかを確認するための時間です。

この時間は、授業で学んだ範囲の問題を解いたり、まとめたり、学習を進め、「できてない」「難しい」というところを自己発見します。指導の内容は①始まる前に、講師と一緒に90分の学習計画を立てる②自分で学習を進め、わからないところ、時間がかかっているところを見つけ、シートに控えておく③終了時講師に報告をする

どんどん予習をして先取り学習をする(言語習得能力が伴えば1人でも先取り学習はできるようになる為)よりも、しっかりと学んだことを定着させる・活用できるかをセルフチェックすることが大事だと考えています。

自分の将来をプランニングする・マイプロジェクト

「あなたの興味あることを教えてください」と面接試験で問われる時代です。自分がどういうものに興味があり、将来どういうことに興味があるかを知り、中学生活中に実際に「行動」に起こしてみましょう。ゲームしか興味がない・・という生徒もゲームの中の何に興味があるか異なります。「音楽?」「ゲームの広告宣伝方法?」「人間関係?」「武器などのデザイン?」など興味がある分野を細分化し、実際に自分のプロジェクトとしてまとめてみます。ゲームの広告宣伝が気になる生徒には、日本、海外でのゲーム広告の動向を調べたり、プロモーションが成功した事例、失敗した事例をまとめてもらいます。まとめたものはすべてファイルに保管。自分の進路ややりたいことに迷ったときは、ファイルをみながら「過去の自分」を分析してみましょう。

ITスキルアップ講座(PowerPoint、タイピング)

Windowsパソコンを使って、自分でプレセンテーション(PowerPoint)を使ってポスターや課題をまとめるレポートなどを作成します。タイピングが苦手な子はタイピングから学びます。タブレットだけではなく、キーボードやマウスを使って成果物をつくるスキルを身につけます。パソコンは貸し出しもできますし、普段お使いのパソコンをお持ちいただいても大丈夫です。

「理解があやふやな」分野をなくす数学・理科系

数学は、積み重ねの科目です。前年度の理解ができていない状態で、どんどん進んでしまうと、土台がグラグラした状態で上に積み重なることになるので、とても危険な状態です。交換法則・結合法則・分配法則など計算で使う公式、関数で使う公式、図形で使う公式などをそれぞれしっかりと学年の教育指導要領の到達レベルにあわせて説明ができるかを確認します。説明ができない場合は前の学年の該当分野に戻り学習をします。中学3年生の数学ができない原因は中学1年生で習うはずの文字式の理解ができていなかった!などということは頻繁に見られます。

自習室を無制限・予約は不要

学校の宿題
オンライン授業
読書
など、学びに関することでしたら自由に利用可能。Wi-Fi、電源も完備。パソコン、タブレットの貸し出しも可能です。飲食もOK。

授業を取得していなくても、自習室の利用は可能です。日々の学習にご活用ください。

料金表&サービス内容

*シンプルな料金設計!自習室・維持費・システム利用料などは一切かかりません!
*科目ごとの契約ではありません!毎月契約コマ数内で自由に組み合わせて受講可能な定額プランです。
通常コース(90分) 内容(授業料+自習室+維持費+保険料+システム利用料全て込み)
<2回授業+6回振り返り>

16,500円(税込み)
90分✖️2回の授業(すべてのプログラム)
90分✖️6回の振り返り指導

<4回授業+20回振り返り>

26,400円(税込み)
90分✖️4回の授業(すべてのプログラム)
90分✖️20回の振り返り指導
<8回授業+振り返り無制限>

46,200円(税込み)
90分✖️8回の授業(すべてのプログラム)
振り返り指導無制限
<4回授業+20回振り返り>

26,400円(税込み)
90分✖️4回の授業(すべてのプログラム)
90分✖️20回の振り返り指導

クラス時間
(最新のスケジュールは体験会にて。すべてのプログラムを定額回数内で取得可能)

5教科対策    

月〜金16:40-18:10,18:30-20:00,20:10-21:40 土14:30-16:00,16:40-18:10,18:30-20:00

英語(英検対策)

バイリンガル講師
月16:40-18:10,18:30-20:00,20:10-21:40

日本人講師:
月〜金16:40-18:10,18:30-20:00,20:10-21:40 土14:30-16:00,16:40-18:10,18:30-20:00

読解力強化(言語習得)

45分→金16:40-17:25 ,17:30-18:15,16:40-17:25
90分→金・土16:40-18:10

振り返り学習 月〜金16:30-18:00,18:20-19:50,20:00-21:30 土14:30-16:00,16:30-18:10,18:20-19:50
プログラミング 土14:30-16:00 
マイプロ 土14:30-16:00 
ITスキル 火曜日 16:40-18:10
英語(英検対策)

バイリンガル講師
月16:40-18:10,18:30-20:00,20:10-21:40

日本人講師:
月〜金16:40-18:10,18:30-20:00,20:10-21:40 土14:30-16:00,16:40-18:10,18:30-20:00

入会金 20,000円

*上記以外の金額以外は不要です。
*教材は基本的にお持ちいただいておりますが、購入することも可能です。

店舗情報

シードハウス

湘南台駅西口B出口より直進徒歩2分

神奈川県藤沢市湘南台3-7-4

平日、土:10:00-21:00
祝日:13:00-21:00
日曜休業

0466-46-1235

体験会申し込み&資料請求&お問い合わせ

お問い合わせは、お電話(TEL 0466-46-1235)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信